糖質0g麺でダイエットは続かない? その理由

紀文の糖質0g麺は人気の低糖質麺ですが、
糖質制限中の人のブログなどを見ると、
「これではダイエットは続かない!」という言葉を見かけます。

その理由について調べてみました。

紀文の糖質0g麺について


 

糖質制限の味方である糖質0g麺ですが、
なぜこの麺でのダイエットが続かない人が多いのかを
メリットとデメリットから考察しました。

糖質0g麺のメリット

  • 糖質が0gであること
  • 水洗いだけで食べられる
  • 平麺と丸麺がある
  • スーパーで買える

身近で手に入り調理の手間がかからないという点で、とても便利な低糖質麺です。

糖質0g麺のデメリット

  • 歯ごたえがない、のびた麺のよう
  • 麺自体に味がない
  • 調理中にぶちぶち切れてしまう

このデメリットが、人によって「まずい」と思われる理由でしょう。
見た目、平麺はきしめんのように見えますし、
丸麺はパスタやラーメンなどに近く見えます。

しかし、歯ごたえはカップ麺を30分ほど伸ばしたような・・などという口コミが多く、
見た目とのギャップから麺にコシを求めてしまう人にとってはおいしくないと思えてしまうでしょう。

麺自体に味がなくさらに味がしみこみにくいこんにゃく麺なので、
味の濃いソースなどと合わせても口に麺が残ると不快に感じることがあります。

いってしまえば、歯ごたえがなくまずいからダイエットが続かないのです。

 
 
では、紀文の糖質0g麺以外に、良い低糖質麺はあるのでしょうか。

 

おいしさを求めるならソイドルがおすすめ

 
結論から言えばソイドルがおすすめです。

ソイドルの特徴は、

  • 糖質96%オフで、1玉あたりの糖質料は0.9g
  • 1食分89キロカロリーで食物繊維も豊富

さらにヘルシーなだけでなく、
歯ごたえがあり、しっかりと麺を食べているという実感があります。
麺自体の味は厚揚げのようなほんのりとした大豆感がありますが、
ソースやスープと絡むととてもおいしいです。

これなら無理なくダイエットを続けることができます。

 

ソイドルのデメリット

あえてデメリットを挙げるなら、

  • 通販でしか購入できない
  • 大豆の香りが強い
  • 少し値段が張る
  • ぼそぼそした食感がする

ただし、これらのデメリットは工夫すれば解消します。

大豆の香りが気になるかもしれませんが、
しっかりと味を付ければ気になりません。
好みは分かれますが若干値段が張るだけのことはあり、
歯ごたえも含めてしっかりとした麺を味わうことができます。

 
糖質0g麺に比べコシがあり、歯ごたえ食べ応えではソイドルが優れています。

小麦麺に比べるとどちらもやはり異なりますが、
上手く調理することで十分満足できるでしょう。

低糖質だけではなく低カロリーですし、
口に合わない場合は返金もしてもらえるので安心して試すことができます。

糖質ダイエット中の楽しみとして、ぜひソイドルを使ってみてはいかがでしょうか。