スーパーで買える低糖質麺は良くない? その理由

糖質制限をしている人にとって、低糖質麺の存在は、とてもありがたいものです。中でもスーパーで気軽に買える「紀文の糖質0麺」などはとても便利です。

しかし、味がいまいちと思っている人も多いのではないでしょうか。同じ低糖質麺でもスーパーでは買えませんが、「ソイドル」がおいしいと評判です。ソイドルについて、詳しく見てみましょう。

スーパーで売っている低糖質麺をおいしくないと感じる理由とは?

 

おいしくないと感じるのはなぜでしょうか?

こんにゃく麺は臭みがある

糖質制限をしていて、どうしても麺が食べたい!という時の味方である低糖質麺ですが、こんにゃく麺は

・こんにゃくの臭みが気になる。
・独特の食感が麺を食べているという気持ちにならない。

などの理由からおいしくないという人が多いのが実情です。

おからとこんにゃくで作られた糖質0麺は?

おからとこんにゃくで作られている「紀文の糖質0麺」は、こんにゃくの臭みがない低糖質麺です。

しかし、食感がやわらかく、炒めたりした場合にぶちぶちと切れてしまいます。平麺と丸麺があり、見た目が小麦麺にかなり近いことから、期待して食べてしまうため、「のびた麺」のように感じてしまいます。

期待を大きく裏切られてしまうため、おいしくないという口コミが多いです。

 

ソイドルがおすすめな理由

ソイドルは、何がちがうのでしょうか。

小麦麺と変わらないくらいの歯ごたえ

低糖質麺の中でも大豆を使ったものは、パサパサとして柔らかく歯ごたえのないものが多くあります。ソイドルは、他の低糖質麺と比べると歯ごたえがしっかりとしています。そのため、小麦麺を食べていた時とほぼ同じ食感を感じることができます。

また、味は麺単品で食べた場合、ほんのりと厚揚げのような大豆独特の風味を若干感じますが、タレやソースにからめると全く気にならなくなります。無味というわけではありませんが、逆にそれがおいしさを引き立ててくれます。

アレンジの幅も豊富なので、うどん・ソバ・ラーメン・パスタ・焼きそば・つけ麺などの他、チャーハンやお好み焼きなど様々な食べ方があります。

安心の原料

ソイドルは、大豆のみで作られているため、添加物を一切使っておらず、とても安心です。また、1食あたりの糖質は0.9gで、カロリーは89キロカロリー、食物繊維も豊富です。

糖質を制限しながら、腸内環境を整えてダイエットの効果を高め、麺自体のカロリーが低いので、ソースやトッピングなどで少しこってりしたものも食べられるというメリットがあります。

その上、賞味期限が長く、冷凍で6ヶ月も保存できるため、麺が食べたくなった時用に常備しておくことができます。

 

まとめ

 

糖質制限をして、ダイエットを頑張っている人にとって、常に我慢が付きまといます。

しかし、ダイエットの基本は「続けられること」です。あまり我慢しなくてはならないダイエットでは、精神的にも続けられません。

美味しく、食べたい麺類が食べられる低糖質麺は心強い味方です。中でもソイドルは小麦麺に近いおいしさで、心にも体にも優しくダイエットを続けることができるでしょう。