低糖質麺 中華めん風(低糖工房)を食べてみた。

低糖工房というメーカーが作っている
「低糖質麺 中華めん風」が気になりました。

通常の低糖質麺って、うどんも中華麺もパスタも
兼用しています。

ラーメン専用の低糖質麺ということで味に期待しました。

では、さっそくレビューします。

低糖質麺 中華めん風を食べた感想

作り方は以下の通りです。

  1. 袋のままレンジで2分あたためる
  2. 袋から麺を出してお湯で加熱する

まずはレンジでチンして温めます。

お次は、
麺を取りだして、お湯のなかへ投入!

 

麺をほぐします。
茹で時間はお好みですね。

 

茹であがったらザルにうつして水気をきります。

見た目は普通の中華麺と変わりません。

 

今回は豚骨ラーメンにしました。
具はシンプルにチャーシューとメンマを入れました。

おいしそう!

 

さっそく食べます。

 

うーん。

麺がヌメッとしています。

歯ごたえ・シコシコ感は全くありません。
フニャッとしてやわらかいです。

作り方が悪かったのかな!?

味は普通の卵麺のような味です。
まずくはないです。

 

カロリー・糖質はどれくらい?

麺100gあたりのカロリーは119kcal。
糖質は4.2gです。

通常の中華麺が149kcalで
糖質28gなので、
カロリーは20%オフ、糖質は85%オフ
なっています。

 

原料は?添加物は?

消化性でん粉、小麦たん白、粉末卵白、小麦ファイバー、食塩、脱脂粉乳、増粘多糖類、セルロース、加工でん粉、かんすい、ゲル化剤(ぶどう糖多糖)、乳化剤、くちなし黄色素

どうやら大豆ではなく、小麦と卵白を主原料としているよう。

添加物としては

  • 増粘多糖類
  • ゲル化剤
  • 乳化剤
  • くちなし黄色素

が含まれていますが、
これらは特に安全性に問題ありません。

 

総合評価

見た目と味はよかったんですが、
麺の食感がよくありません。
(もちろん茹で方も関係してくるとは思います。)

ラーメンって麺のシコシコ感が大事だと思います。
フニャッとした感じだと、ラーメンを食べた気にならないですね。

価格は、8袋で2,500円(+送料520円)でした。
コスパもよいとはいえません。

総合評価は53点/100点とします。